このページのトップへ
31 3月 2021年 の記事
 こんにちは、ブログ担当の玉利です。
 年度末となり、学生や新社会人は新しい生活が始まる時期となりました。
 外の気温も随分と高くなり、少し動くと汗をかいてしまうような天気が続いていますね。こんな時に体調を崩さないよう、今回はその対策について解説していきたいと思います。


春バテ
 「夏バテ」という言葉は皆さんもよく耳にすることは多いと思います。
 しかし春バテというものをご存じでしょうか?

 「夏バテ」の主な症状は、全身の倦怠感・思考力低下・食欲不振・下痢・便秘などがあります。「春バテ」は、それらに加え頭痛・イライラ・不安等といった症状がみられます 自律神経のバラスが悪くなり、症状となって現れるそうです。不安やイライラなどは、環境の変化による等の精神面から来たもの、3月から4月にかけての激しい寒暖差等があげられます。


対策
 人は寒暖差が激しいと、意識のないところでかなりのエネルギーを使っています。エネルギーを消耗してしまわないように、体を冷やさない事が大切です。また、疲れている時に限って、良く眠れない、考え事が頭から離れなくて、疲れがとれないこともありますね。対処法としまして、ゆっくりとお風呂に浸かってみるというのも一つの手です。体を温める事でホルモンが分泌されます。特にセロトニンとドーパミンは倦怠感から解放してくれるホルモンは不安を取り除いてくれる効果が大きいです。目元と首元を温めることで、さらに効果が期待できます。目元や首元を温めるカイロや、蒸しタオルなどを利用すると簡単に温める事ができます。
 体を温める事によって質の良い睡眠が得られ、春バテを解消しやすくなります。

 外での仕事やガーデニングが趣味の方は特に着脱しやすい服装で気温に対応できると良いでしょう。
 この情報が少しでも皆様の役に立てば幸いです。


投稿者:nakamura
 
ホーム | 会社情報 | 施工事例 | 完工までの流れ | スタッフ紹介 | ブログ | お庭のQ&A | 採用情報 | お問合せ | リンク

Copyright | 株式会社中村緑地建設