このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

2018/10/25:山口ゆめ花博

こんにちは。管理部の元田です。
先日、福岡緑化3団体で山口ゆめ花博視察研修に行ってきました!


RIMG8229


RIMG8235
RIMG8243
 
広大な花壇に植栽された草花は本当に魅力的でした。
なんといっても1株1株が大きく育ち、活き活きしています!
この草花に囲まれた中で結婚式も行われていました。お幸せに!!

花壇には草花だけでなく、ハーブも!


RIMG8232
赤や黄色い茎に大きく濃い葉のルバーブ、
葉の形が特徴的なルー、
手触りが良いラムズイヤー等、様々な種類のハーブが植栽された花壇でした♪
使い方も勉強になりました!
 
庭のパビリオンゾーンでは、福岡市も出展しています。が、すみません、写真を撮り忘れてしまいました・・・

もしこれから山口ゆめ花博に行かれる方はぜひご覧ください!


投稿者:nakamura

2018/10/23:鮮やかな秋花壇

こんにちは。管理部の元田です。
公園の花壇が色鮮やかな秋花壇になりました♪
 


RIMG8182


ビビットな暖色が印象的で、かぼちゃ型のプランターがハロウィンの雰囲気感じられる花壇になっています!
また、グラス類が秋を感じさせてくれています。
いっぱいに植えられたマリーゴールドと、大きい葉のコリウスが美しいです。
 


RIMG8188
RIMG8187
 

RIMG8193
RIMG8194
 
▼ 使用花苗 ▼

ダリア(上段2つ)
Dahlia キク科 ダリア属
和名は"天竺牡丹"と言い、ボタンの花に形が似ていることから名づけられた。
花の咲き方は種類によって丸いフォルムのポンポン咲きや、一重のシングル咲きなどがある。

ポットマム(下段左)
Dendranthema × grandiflorum キク科 デンドランセマ属
矮性の園芸品種としてつくられた鉢植えの洋キク。
種類によって色と花形が豊富にある。

セロシア(下段右)
Celosia argentea ヒユ科 セロシア属
和名は、鶏の頭に似ていることから「ケイトウ」と呼ばれる。
こちらも半球状や、円錐状など形が様々。


投稿者:nakamura

2018/10/10:夏剪定後のバラ

RIMG8145
こんにちは。管理部の元田です。
すっかり朝晩は冷えて秋になりましたね。
今年もバラを秋に開花させるための夏剪定を9月上旬に終え、芽が伸びてきました。
台風にもなんとかもち堪えてくれたので安心して開花を待てます!
 
開花までもう少しですが、ブラインドや弱枝も多く見られました。
花を多くつけたい場合はブラインドを切り戻し、ひょろひょろとした、鉛筆の太さに満たないくらいの弱枝は株の栄養を分散させたり病気になりやすいので取り除いてください。
>>ブラインド処理についての詳しい説明はこちらです♪<<
 


1
ブラインドの枝
2
竹串程の細い弱枝
 
夏剪定を行った後等、新たにシュートが出てきている場合は、しっかりと処理をしてあげて下さい。処理したところから出てくるシュートが冬に剪定する枝になるので、大事にしましょう!

また、台風が去ってから花芽が飛んでしまったり、蕾枯れていることもあると思います。
これも切り戻すことで、開花は遅くなりますがまた枝が伸びて花を咲かせてくれます。


RIMG8152
強風で新梢が飛んだ痕
4
枯れた蕾
 
 
 


3
涼しくなって、虫の活動も活発になるので、根気良く株のチェックを行い、見つけ次第取り除きましょう!
蕾には卵が付いていることもあります。要チェックです!

←オオタバコガの卵
投稿者:nakamura
こんにちは。管理部の元田です。
今年の夏はとてもとても、それはとても暑かったですね。
終わりに近付いているとはいえ、まだまだ日中の日射しはたまらないです・・・。

バラは春の開花後は株の体力温存と、シュートを出してもらうために蕾や花をわざと切って咲かせないようにしているのですが、
気づいたら「夜間飛行」という品種が絶妙な色合いで咲いていました!


RIMG7916

夜間飛行-ボルドゥニュイ-


Vol de Nuit
1970年、フランス Derbard作 HT 四季咲 中輪
星の王子様の作者であるサン=テグジュペリの小説から名を冠したバラで、紫がかったピンク色と波打つ花弁が美しいバラです。
この時期はどのバラも切り続けると、花は小さく色も薄くなるのですが、こんなにも濃く標準サイズの花を咲かせてくれるとは!
葉もしっかりついて活き活きしているのが嬉しいですね。
むしろ開花させる時期よりも綺麗に咲いているかも・・・?
9月に入って涼しくなれば今度は夏剪定なので、それまで元気に育ってほしいですね!


投稿者:nakamura
20180623_134200
こんにちは。管理部の元田です。
先日、社員旅行で3泊4日のベトナムに行ってまいりました!
この梅雨時期の福岡でも30℃を超えますが、ベトナムではそれ以上に蒸し暑かったです・・。
そしてバイクが本当に多いです。運転技術も素晴らしいです。
市場や果樹園、クルージングもして、更にベトナム料理もたくさん堪能しました。

個人的にフォーを食べ損なったのが心残りです(涙)
全日程、雨が降らず、良い旅行になりました!
20180621_175055
20180621_175055
20180623_161204
20180622_161432
20180623_175343
20180622_201351
投稿者:nakamura
こんにちは。管理部の元田です。
梅雨入りして、蒸し暑さが本格的になっていく中、あじさいが涼しげに咲いています♪


IMG_7793
IMG_7796
IMG_7788
IMG_7787


年々品種も増えて、多様な姿を目にするようになりました。
個性があって可愛らしい品種を見つけると面白いですね。
ほんの少しだけ紹介します!



IMG_7763
アナベル
IMG_7770
ありがとう
IMG_7784
ウズアジサイ

アナベルは普通のあじさいと違って、その年に伸びた新梢に花を咲かせます。
緑から白への色の変化も楽しめるのでお庭のポイントや、ホワイトガーデンにおすすめです!
ぜひ育ててみて下さい♪


投稿者:nakamura
IMG_6415
こんにちは。管理部の元田です。
1番花のバラの開花も落ち着いて、現在2番花が咲き始めてきました。
そしてこの時期は株元から出る"ベーサルシュート"も大事にしたいですね。
今回は出てきたシュートの処理についてです!
シュート処理は夏剪定、冬剪定につながる大事な作業です!

» 続きを読む

投稿者:nakamura
IMG_6982
こんにちは。管理部の元田です。
先日、水族館の依頼で、北九州で発見されたマッコウクジラを標本にするために埋めらていた、頭の骨の掘り出し工事の協力をさせて頂きました。
標本にするまでに骨についた脂肪を抜くために砂浜に埋めていたそうです。
体長約16mのうち頭の骨だけでも5m以上あり、本当に大きいです。
学生さんと一緒に作業をしていましたが、骨の仕組みにとても感動していました。
私も標本骨の掘り出しというなかなかできないことを経験をさせて頂きました!
水族館で漂う魚を見るのも良いですが、骨をじっくり見るのも良いですね。おもしろかったです。


IMG_7001
IMG_7015
投稿者:nakamura
IMG_5057
こんにちは!
管理しているバラは3月の芽かき後、4月末には少しずつ咲き始め、現在は全体が色づきました。
気温が暖かいこともあったのでしょうか。今年が例年より少し開花が早いです!
今回は虫の被害がよく見られたので一部ですが紹介いたします。

» 続きを読む

投稿者:nakamura

2018/03/26:バラの"芽かき"

P1100326

こんにちは。久々の更新となってしまいました・・・
暖かくなって公園の桜も花開き、春がやってまいりました!
バラも芽吹いてまた更に忙しくなります!
今回は新芽の数を減らす"芽かき"作業についてです

» 続きを読む

投稿者:nakamura
P1010015
こんにちは!
今年もこの寒い季節の中、バラの大仕事の一つ、
"強剪定(冬剪定)"を行いました!
雪が何度もちらつき、寒さとの戦いでした・・・(笑)
剪定方法は昨年載せていますので、こちらの記事をご覧ください♪
今回は剪定のポイントを簡単に説明致します!

» 続きを読む

投稿者:nakamura
P1090901
新年明けましておめでとうございます。
旧年中に賜りました数々の御厚情に、社員一同、心より御礼申し上げます。
本年も昨年同様のご愛顧を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

公園管理では着々と冬の作業に入っております!

» 続きを読む

投稿者:nakamura
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ

ブログカレンダー

<   2018-12   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
所在地/連絡先

〒811-1362
福岡県福岡市南区長住1-8-26
TEL:092-541-1144
FAX:092-512-8928
 
ホーム | 会社情報 | 施工事例 | 完工までの流れ | スタッフ紹介 | ブログ | お庭のQ&A | 採用情報 | お問合せ | リンク

Copyright | 株式会社中村緑地建設