このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 今年も!バラの"強剪定"

今年も!バラの"強剪定"

P1010015
こんにちは!
今年もこの寒い季節の中、バラの大仕事の一つ、
"強剪定(冬剪定)"を行いました!
雪が何度もちらつき、寒さとの戦いでした・・・(笑)
剪定方法は昨年載せていますので、こちらの記事をご覧ください♪
今回は剪定のポイントを簡単に説明致します!

 
 


P1090971

ハイブリット・ティー(HT)


HTはベーサルシュートが多く出てくるので、古い枝、細い枝、混み合っている枝を根元から切り取り、若いシュートを残していきます。
まだ若い株や生育が悪くなった株は、なるべく枝を残して剪定します。
強剪定も弱剪定と同様に芽のある方向から新枝が伸びていくので、枝が伸びる方向を意識しながら剪定していきますが、外芽の方向で切り過ぎると株が大きく広がってまとまらない状態になってしまいます。
なので、横芽もうまく利用して広がり過ぎないように気をつけて枝を剪定すると、伸びた枝が邪魔になりません。
P1090967
 

P1090965
根元から剪定する古い枝
P1090958
細枝は全て切る
P1090980
ブルームーン 剪定後
 
 



 
 


P1090983

フロリバンダ(FL)


FLは開花時には一枝にたくさんの花を付けるので、太い枝のところにある芽の上で剪定し、高さを揃えます。
細い枝で剪定すると花の重みに耐えられず、花が下を向いてしまいます。
HTと比べるとシュートが出にくいので、新しいシュートが出ている場合のみ古枝を根元から剪定します。
P1090984
新しいシュートが出て(黄線)、株のバランスが悪いため、古枝を根元から切る
P1090990
トロピカル・シャーベット 剪定後
 
 



 
 


P1090926

シュラブ(S)


細い枝が多く、切る場所も多いです。
ですが、基本的に枯枝、弱小枝を切って中をすき込んであげるような感じで樹形を整えていきます。
刈りばさみで枝先を刈っても大丈夫な品種でしたが、今回は春先に葉ダニがついていたこともあったので、すき込みメインで剪定しました。
シュラブは芽が多く、切る場所に困ることもありますが、芽が多く付いている枝(青線)で切るよりも、一つの芽がついているところ(黄線)で切るほうが、新たに出た枝が極端に混み合わなくなります。
P1090945
 

P1090952
刈りばさみでの剪定例
リモンチェッロ
P1090929
ラブリー・フェアリー 剪定後
 
 



 

20180131_1532152
まだ綺麗な花が咲いているのにもったいない!というときは、枝を長めにして切って、切り花にしてみてください。
涼しい所に飾れば1週間ほど楽しめると思います。
強剪定が終わると春の開花が待ち遠しいです♪

コメント

コメントを書き込む











ブログカレンダー

<   2018-01   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
所在地/連絡先

〒811-1362
福岡県福岡市南区長住1-8-26
TEL:092-541-1144
FAX:092-512-8928
 
ホーム | 会社情報 | 施工事例 | 完工までの流れ | スタッフ紹介 | ブログ | お庭のQ&A | 採用情報 | お問合せ | リンク

Copyright | 株式会社中村緑地建設