このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 寒い時期の植栽 カンツバキ

寒い時期の植栽 カンツバキ

 こんにちは、ブログ担当の玉利です。 

 すっかり暑い時期も過ぎ去り、上着1枚ないと辛い季節になってきましたね。
 公園などでも緑が少なくなってきて寂しいです。
 花や緑が欲しいこの時期にぴったりの植物があります。カンツバキです。
 本日はカンツバキについて解説していきたいと思います。


カンツバキ
使用写真
 カンツバキとは、ツバキとサザンカの交配種であり、名前の通り寒い時期に花を咲かせます。10月から花を咲かせ、11〜12月にかけて見頃を迎えます。
サザンカよく似ていることから、花が咲いていない時期では、専門家でも見分けるのがむずかしいそうです。

カンツバキは樹高が低く、サザンカは丈が高いといわれます。花びらの枚数で見分けやすく、サザンカは、花びらの数が5〜10枚に対して、カンツバキは花びらが14枚以上できます。
 カンツバキは日光を好みますが、日陰でもよく育ち、大気汚染にも強ため、道路沿いに住んでいる方でも気にせず育てることができます。
 また、剪定に強く、芽が出やすいのも特徴です。
 欠点としてはチャドクガが発生することです。
 チャドクガの周りにいるだけで毛が付着しかゆみを伴います。死骸の毛も有害なのでかなり厄介です。
 事前に農薬で予防をするべきですが、肌が弱い方、予防が面倒な方にはおすすめできません。

 しかし、しっかりと対策をしていれば、寒い時期に緑も花も十分に楽しめる樹木なので、お庭への植栽に悩んでいる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
 この情報が少しでも皆様の役に立てれば幸いです。


コメント

コメントを書き込む











ブログカレンダー

<   2020-10   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
所在地/連絡先

〒811-1362
福岡県福岡市南区長住1-8-26
TEL:092-541-1144
FAX:092-512-8928
 
ホーム | 会社情報 | 施工事例 | 完工までの流れ | スタッフ紹介 | ブログ | お庭のQ&A | 採用情報 | お問合せ | リンク

Copyright | 株式会社中村緑地建設