このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 梅雨の時期の対策

梅雨の時期の対策

 こんにちは、ブログ担当の玉利です。
 最近はじめじめとした時期になってきましたね。
 気温も上昇してきて蒸し暑い日々が続いているので、体調には十分気をつけられてください。

 さて、このじめじめした時期が嫌いなのは人間だけではありません。
 お庭やベランダの植木や花も湿気の多い時期は苦手です。
 本日はこの時期を乗り越えるための対策を紹介していきたいと思います。


梅雨の時期の対策
 植木や花等は長時間湿度の高い空間にさらされると病気になってしまう可能性が非常に高くなります。
 雨の場合は必然的にその傾向にあります。鉢やプランターに植栽されている場合、雨に濡れない屋根の中、ベランダや屋内に避難させると良いでしょう。
 ベランダに入りきらない、部屋は汚れるから入れたくないという方には可動式のテント(オーニング)等を使ってみてはいかがでしょうか?また、鉢植えはすのこなどで地面から離して置くことで風通しが良くなり、じめじめした空間に居続けるというケースが少なくなります。

 地植えをしている場合、地面近くの葉や枝を切り取ります。こうすることで雨が地面に当たった時に泥が跳ね返り葉に付着することを防ぎます。植物は葉の裏から呼吸をしますがそこから泥とともに菌が入り込むことで病気になるケースがあるので、高さにもよりますが、30cm〜40cm開けることができればとてもいいです。

 地植えにも鉢植えにも言える事ですが、込み合っている枝を落とすことで全体の蒸れを避けることができます。草花に関しては特に水分を多く含むので、花の部分をすべて落としてみるのも一つの手です。

 また、雨によって多くの水分を含み、その重さによって自分を支えきれずに倒れてしまう可能性もあります。バラなどの細身の中低木がこれに当たります。連日の雨に入る前に支柱を立てることでこれを解消できます。

 いかがでしたでしょうか?他にも樹種によって多くの対策法がありますので、気になれば調べてみることをお勧めします。この情報が少しでも皆様の役に立てれば幸いです。


コメント

コメントを書き込む











ブログカレンダー

<   2021-05   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
所在地/連絡先

〒811-1362
福岡県福岡市南区長住1-8-26
TEL:092-541-1144
FAX:092-512-8928
 
ホーム | 会社情報 | 施工事例 | 完工までの流れ | スタッフ紹介 | ブログ | お庭のQ&A | 採用情報 | お問合せ | リンク

Copyright | 株式会社中村緑地建設