このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » バラの弱剪定(夏剪定)【3/3】

バラの弱剪定(夏剪定)【3/3】

こんにちは。管理部の元田です。
今回は前回・前々回に続いてバラ シュラブ品種の弱剪定です!
今年の弱剪定についてはこの更新が最後です。

▼ ハイブリット・ティーとフロリバンダはこちら ▼
バラの弱剪定(夏剪定)【1/3】 バラの弱剪定(夏剪定)【2/3】



【シュラブ(S)】




RIMG2574
今回のシュラブはロサ・オリエンティスシリーズのルシエルブルーです。
開花時は花数が多く、美しいロゼット型が特徴的なブルーローズです。
シュラブは枝が多く出て、芽の数も多いので弱剪定では浅く刈り込むイメージで良いのですが、このルシエルブルーはフロリバンダのような枝付きをしていたので、しっかり剪定をしたいと思います。
 
 


6-1
株元からは細枝(赤)、枯れ枝(青)、古枝(緑)が見られます。
細枝と枯れ枝は根元から剪定します。
古枝は何年もずっと残しているとその枝の花つきが悪くなるため、3年使ったら切ってしまいますが、今回切ってしまうと株全体のバランスが悪くなるので強剪定の時に切ることにしました。
6-2
残した古枝にたくさん枝が出ています。
しっかりした花をつけさせたいため、比較的細い枝を切ります。(赤)
また、古枝には何個も切り痕があったので、3年以上使った枝なのかなと思います。(矢印)

 
 


6-3
枝の内側には既に新芽が出ています。
この新芽はしっかり伸びてほしいので残していきますが、剪定した枝よりも早く開花します。
開花調整をする場合は、新芽の先を少し切りましょう。
6-4
剪定するときは、弱剪定で切る枝、強剪定で切りたい枝をしっかり決めることも大事です。
若干太めの枝の先で切るとひょろひょろとした枝が出てきてしまいます。
なるべく下の枝を見て、全体の高さのバランスにも気を付けてください。
 
 


RIMG2579
剪定後です。
なるべく新芽を残し、枝を透かしていきました。
このルシエルブルーは刈り込むよりもしっかり剪定が花を綺麗につけてくれる気がします。
中輪の花がかわいらしく、優しいブルーの花色でおすすめです!

今年の弱剪定はこれで終わりです!
品種ごとの切り分けは大変ですが、開花のときを思い浮かべると楽しみにもなりますのでぜひ剪定に挑戦してください。

コメント

コメントを書き込む












ホーム » スタッフブログ » バラの弱剪定(夏剪定)【3/3】

ブログカレンダー

<   2019-10   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
所在地/連絡先

〒811-1362
福岡県福岡市南区長住1-8-26
TEL:092-541-1144
FAX:092-512-8928
 
ホーム | 会社情報 | 施工事例 | 完工までの流れ | スタッフ紹介 | ブログ | お庭のQ&A | 採用情報 | お問合せ | リンク

Copyright | 株式会社中村緑地建設